カルト,カルト宗教,新興宗教,勧誘,カルト教団

功徳と罰

 

はじめに

 

この教団に入信して活動していれば功徳がある。しかし教団の教えに疑問をもったり、教団をやめてしまったら恐ろしい罰があたり死後は無間地獄に堕ちる・・・
こんな教えを説く宗教団体は数多くあります。

 

このコラムでは「功徳」とか「罰」がどうしておきるのかを考察してみました。

 

 

功徳と 罰  その1 〜 信じる者は救われる?

 

「伊勢参り」とか「安産の祈願」とか「初詣」とか・・・・

 

普段生活をしている中で神様のご加護を求めたり、ご利益を期待して行動することは案外あると思います。

 

また「悪いことをすると罰があたる」といったお説教は子供のころによく聞かされましたよね。

 

「ご利益」や「功徳」、「罰」といったものは私たちの心性に深く根づいたものであるのかもしれません

 

 

しかしながら、それも極端なものになるとどうなのか・・・

 

「我々の教えを信仰していたらガンが治った!」「アトピーが治った!」

 

「我々の教えを信じていれば、大地震や洪水、土砂崩れが起こったとしても死なない!」

 

 

もし本当ならすごいことです。信じさえすれば誰でも幸せになれます。

 

ところがそう話は甘くない。信じていれば幸せになれるが、信じることができなくなったらどうなるか・・・・

 

恐ろしい罰が当たるのだそうです。無間地獄に堕ちるとか・・・

 

信じることによって得る「功徳」と、信じられないことに対する「罰」はワンセットになっているのですね。

 

 

「我々の信仰する宗教以外のものに触れたりすると(神社の鳥居をくぐったり、お寺に行ったり、葬式に出たりすると)罰が当たる」

 

「我々の信仰する教え以外の宗教を信仰している家は、家族に病人が絶えなかったり、死ぬ人が続く」

 

「我々の教団を脱会すると、家族が事故にあう。さきざき家族に障害者が生まれたり、知恵おくれの子どもが生まれる。発狂するものもいる」

 

コワいですねえ・・・・・

 

 

 

「ガンが治った」とか・・・・

 

「アトピーが治った」とか・・・

 

「地震がおきても自分だけは死なない」とか・・・

 

「生まれながらの宿命を転換できる」とか・・・

 

「功徳」を売り物にしている組織は実はあなたの教団だけではないのです。

 

今の日本にはそんな教団はたくさんあるんです。ありきたりのものにすぎません

 

「功徳」があるうちはいいでしょう。

 

「罰」があたったらどうするのですか?

 

「罰」だとか「無間地獄」の影に怯える信仰生活、あなたはいつまで耐えられますか?

 

 

 

功徳と罰  その2 〜 恐怖心の拡散

 

 

仏教系の教団で、「東日本大震災のときも、私たちの教団の人間は一人も死ななかった」と言い張っている人たちがいます。とりあえず、X教団としておきましょう。

 

X教団の人たちは語ります。

 

「東日本大震災のときも、私たちの教団の人間は一人も死ななかった」

 

そうですか・・・

 

では、東日本大震災で不幸にして亡くなった方たちは、X教団の教義を信仰していなかったから、助からなかったのでしょうか?

 

とすれば、X教団は自分たちの信者以外の人たちを救ってはくれないのですね。「自分たちの教義を信じていない」という理由で・・・

 

無慈悲な教えですね。

 

まさか、「亡くなった方たちは罰があたったのだ」とまでは思ってはいませんよね。

 

 

 

 

「自分たちの教えでなければ人は救われない」といった独善性や偏狭さは、「自分たちだけが救われればいい」というエゴイズムの裏返しです。

 

 

いや、人々を救済するために、勧誘に勤めているんだ」と言いたいのかのしれません。その気持ちは否定しません。でもそれだけですか?

 

本当は怖いのではないですか?

 

勧誘や教団行事をさぼって、罰があたることが。

 

教団から離れることで、無間地獄に堕ちることが。

 

恐怖心に追い立てられての活動は心身を疲労させ、日々の生活から喜びを奪い、感情はだんだんと干からびていってしまいます。「救われる」はずだったのに「救われない日々」に埋没してしまうのです。

 

 

修学旅行で京都のお寺に行くのだけれど、怖くて行けない。みんなと一緒に楽しみたいのに。

 

勤め先のオフィスに神棚が飾ってある。怖くて座っておれない・・・仕事にならない・・・・

 

友達が今度、教会で結婚式をあげるのだけれど、出席してお祝いしてあげられない。

 

大好きだったおばあちゃんが亡くなって、葬式に行きたいのだけれど怖くて行けない。お弔いをしてあげられない。

 

 

「死後の成仏」だとか「功徳」と引換にして手にした信仰生活は、今まで仲の良かった家族や友人との関係に亀裂を生み、あなたの「人として生きる場所」はどんどん狭くなり、生きづらさは増すばかりではないですか?

 

「信じなければ、罰があたる」などと、不安を煽りたてるのは、単なる脅迫行為にすぎません。

 

人の心に安らぎを与えるのが宗教です。人にやすらぎを与えているからこそ、自分自身も救われるのだと思います。

 

 

功徳と罰  その3 〜 般若心経のご利益

 

 

X教団に入信して、どのような功徳があったのか?元信者の証言をいくつか集めてみました。具体的にみてみましょう。

 

 

・バーゲンに行ったら、お気に入りの洋服がGETできた。これは信仰による功徳だ!

 

・スーパーに行ったら、いつも混んでいるレジに人がおらず、並ばないで会計をすませた。これは功徳だ!

 

・学校のトイレでタバコを吸っていたが、先生にバレずにすんだ。これは功徳だ!

 

・お父さんが会社の帰りにケーキを買ってきてくれた。これは功徳だ!

 

・クラス替えをしたら、いじめっ子と違うクラスになれた。これは功徳だ!

 

・入信した日の家への帰り道、100円を拾った。これは功徳だ!

 

・いままでしつこく言い寄ってきた男が寄り付かなくなった。これは功徳だ!

 

怪しげな教団に入信したりしたら、しつこく言い寄ってきた男だって怖がって近寄らなくなるのも当然と思うのですが・・・・・

 

おみやげにケーキを買ってもらったり、100円拾ったりというのは、日常生活の中でわたしたちがよく経験していることです。
というよりも、入信して功徳と感じられることのすべてが、教団に入信しなくとも経験できることですね。

 

「功徳があったか、どうか」は気持ちの持ちようにすぎないのです。

 

「功徳」について宗教評論家のひろさちやさんが面白い話を紹介しています。下にご紹介します。

 

『般若心経』の功徳

 

「隣のおじいちゃんは、本当に信仰深い人なんです。朝夕、熱心に『般若心経』を読んでます。それに『般若心経』の写経もやっています。

 

そのおじいちゃんが、先日、交通事故に遭って大怪我をしました。おじいちゃんはただ歩いていただけなのです。向うの車が悪いのです。それで、先生、般若心経には功徳がないのですか?『般若心経に功徳があるのであれば、なぜおじいちゃんは大怪我をしたのですか?」

 

こんな質問をうけたある仏教学者の方がいたそうです。困っていた学者の先生に、ある高僧がこのように答えたそうです。

 

「そういう質問には、『 『般若心経』には大きな功徳がある。そのおじいちゃんは、『般若心経』を読んでいたから大怪我で済んだ。そうでなければ死んでいたよ』と答えればいいんだ」

 

学者の先生はしかしまだ納得していません。

 

「だが、もしもそのおじいちゃんが交通事故で死んでしまったと言われたら、どのように答えればよいのですか?」

 

高僧は答えます。

 

「そのときはおじいちゃんは即死したのか、それとも事故のあとしばらく生きていたのか?を訊けばいいんです。それで『しばらく生きていた』と言われれば、『それ見ろ、功徳はあったじやないか!そのおじいちゃんは『般若心経のおかげでしばらく生かしてもらえた』と言えばいいのです。」

 

「なるほど、では『即死した』と言われたらどう答えればよいのですか?」

 

高僧は答えます。

 

「その場合は、『死ぬまでのあいだ、苦しみ、痛みに耐えなければならないところを、『般若心経』のおかげでコロッと死なせてもらえた。大いに功徳があった』と答えればいいのです」

 

高僧の言葉に、学者の先生はおおいに納得しました。

 

*「因果にこだわるな」 ひろさちや著 講談社136Pから139Pまでを一部を変更し引用させていただきました。この「因果にこだわるな」は非常におもしろい本です。ご一読をおすすめします。

 

 

功徳と罰  その4 〜 確証バイアス

 

 

前回、「功徳があったかどうか」は気の持ちようにすぎないと書きました。
今回はそのことに少し詳しくふれていきます。

 

「この教団に入信すれば、幸せになれる」と話を聞いたとします。
「入信したら、一番最初に『功徳』があるよ」なんていわれたりしますね。

 

そう言われると、どうしても、期待しますよね。
「どんないいことが起こるのか」ちょっとワクワクしてきます。

 

 

もしも功徳(自分にとってツイていると思われること)があれば、その教団の言う「入信すれば最初に功徳があるよ」という予言は本当のことのように思えます。

 

「入信して最初に功徳があるよ」という教団の予言が当たれば、「入信して信仰を続ければ必ず幸せになれる」という教団の話も本当の話という理屈になりますね。

 

「自分が幸せになりたい」とか「自分の人生をいい方向に転換させたい」と願っているのであれば、無意識のうちに「教団の予言が当たるという事実(功徳があるという事実)」を探してしまいます。

 

前回の例にあげたとおり、「おみやげにケーキを買ってきてもらった」とか、「100円拾った」とかいう事実は、入信する前であれば、特に意識することなく日常の中に埋もれてしまい、忘れ去られた出来事だと思います。

 

こうした些細な事実を「功徳」にまでしてしまうのは、「功徳があればいいな」とか、「教団の言うことが真実で自分も幸せになれればいいな」という期待です。

 

自分自身が選んだ事実を「功徳」にしてしまい、「功徳があった」という思い込みは教団の話にリアリティを持たせるのです。

 

このリアルティが曲者なのです。

 

 

 

ところで、世の中にはいろいろなジンクスがありますね

 

「洗車をすれば雨が降る」

 

「あの人が来ると雨が降る」

 

「急いでいるときに限って信号が赤になる」

 

「田舎のお母さんの夢を見た翌日、お母さんから電話があった」 

 

 

 

「田舎のお母さんの夢を見た翌日、お母さんから電話があった」という例を解説しましょう。

 

お母さんのように、自分にとって身近な人の夢は実は頻繁にみているんです。
「お母さんの夢を見た」けれど「お母さんの電話がなかった」日は実はたくさんあります。

 

「お母さんの夢を見た」という事実は普段意識もされず、日常の世界に埋もれてしまい、忘れ去られていきます。

 

しかし「お母さんの夢を見る」ということと「お母さんから電話があった」という偶然が二つ重なると、この二つの偶然にむりやり意味を見出そうとすることがあります。

 

「お母さんの夢を見た」けれど「電話がなかった日」が無数にあるにも関わらずです。

 

「洗車をすれば雨が降る」というのも同じ理屈です。

 

「入信したら功徳がある」というのも同じ理屈なのです。

 

 

ところで、「功徳がある」という教団の予言が当たるとすれば、「信仰活動をさぼったり休んだりすると罰があたる」とか、「脱会すれば地獄に堕ちる」といった「恐怖の教え」も本当のことに思えてきますね。

 

「功徳」だけなら、まあ許せる。

 

しかし「功徳がある」ことと「罰が当たる」ことはワンセットの教えです。

 

だからこそ問題なのです。

 

「罰が当たる」という教えにリアルティをあてるために「功徳」が強調されているのかもしれませんね。

 

 

 

功徳と罰  その5〜自分で実現する予言

 

「毎朝、毎晩やっているお祈りを今日はサボってしまった・・・」

 

「自分の教団の活動に疑問を感じてしまって、いつもの集会に行っていない・・・」

 

「思い切って退会届を出してみた・・・・」

 

そんなとき、あなたの心にもくもくと不安が湧いてきます。

 

「もしかしたら罰があたるのではないか?」

 

信心のおかげで『功徳(と自分が感じたもの)』がありました。
その『功徳(と自分が感じたもの)』があったから「教団の教えは本物だ!」と感じて信者になって活動してきたんですよね。

 

不安にかられたあなたは、びくびくと一日を送ります。

 

いつもなら注意深くて慎重なあなたも、不安にかられて注意力散漫になったり、確認を怠ったりして、接客や仕事のミスが起こりやすくなります。何かミスをしたり、ものをなくしたりしていやな目にあうと、「これは信心がゆらいで罰があたったのだ」というふうに自分を納得させようとします。

 

なぜなら「ここで一回罰があたったことにすれば、もうこれ以上罰があたることはない。恐ろしいことが起こることはない」からです。

 

「ここで罰があたった」ことにすれば、「罰があたるのではないか」という怖れと不安からひとまずは解放されるからです。

 

「功徳があった」と感じさせられるのが「期待」であったのなら、「罰があたった」と感じさせるのは「不安」です。あなたの心の中の「期待」と「不安」によって日常生活の中のありきたりな出来事が、「功徳」になったり「罰」になったりするのです。

 

「罰があたった」と報告されているものをいくつか列挙してみましょう。すべて退会した元信者の声から集めてみました。

 

 

・「大工をしているが、大切な商売道具をなくした」

 

・「コンビニでレジを打っていたらミスしてしまい、来店したお客さんから怒鳴られた」

 

・「アポの時間に遅れてお得意さんの信用を失ってしまい、上司から大目玉を喰らった」

 

・「勧誘を断った同級生が部活中にケガをした」

 

・「学校でカツアゲをしていたら先生に見つかって停学になった」

 

 

ほとんどの事例が日ごろよくある出来事を「罰」と解釈しています。

 

心理学の世界には「自分で実現する予言」という言葉があります。

 

「自分はミスをするのではないか?」

 

「何か悪いことがおきるのではないか?」

 

何らかの「怖れ」や「不安」を持って行動していると、実際にミスをしたりトラブルにあったりする確率があがるそうです。

 

「『怖れ』や『不安』に捉われた状況では注意力が低下したり、対人折衝の能力がうまく発揮できずミスやトラブルが続く、」という単純な理屈なのですが、これを「罰」という具合に読み替えてしまうと「怖れ」や「不安」を手放すことができなくなっていまいます。

 

 

あ、そうそう、「自分で実現する予言」のほかに、「誰でも的中する予言」というのもあります。

 

「誰でも的中する予言」をいくつか紹介しましょう。

 

「大地震が来る」

 

「将来、病気になる」

 

「ガンになる」

 

南海トラフ巨大地震の発生は政府も認めていることですし、発生の確率は30年間で60%から70%と言われています。これは日本国民周知の事実であって、「巨大地震が来る」などと予言してみせたところでありがたくもなんともありません。

 

地震はくるでしょう。

 

それに対して政府も、各自治体も、学者も民間団体も知恵を絞って対応できるように努力を重ねています。たとえ天災であっても、対応できるのは人の知恵だけだからです。

 

あなたはどうするのですか?

 

ただ拝んでいるだけですか?

 

また病気にならない人はいません。風邪やら食べ過ぎなど、誰でも経験することです。

 

またガンは三大疾病とも言われていて、誰でも老齢化すればガンになるリスクはかなりの確率で上がります。

一説によると70歳を過ぎると70%の人にガン細胞ができるそうです。

 

ま、「病気になるとか」、「ガンになる」とか言われも「何をいまさら」と思うだけなんですけど(^-^;

 

 

最後に・・・

 

「この人は宗教の凄さと怖さを知らない」とか

 

「信心が足りないからこんな事を書いている」とか

 

「もっと勉強を続けていけばわかる」とか思った方へ。

 

たぶんあなたにとって今の教団はとても大切なものなのでしょう。
今のあなたにはこの文章は早すぎるのだと思います。

 

大切なものを守ろうとするとき、人は無意識のうちに「大切なものを攻撃する情報」をシャットアウトしてしまうのです。

 

反対にちょっとでも心にひっかかったものがあった方は・・・

 

今いる教団について外部の情報を集めて検証してみましょう。

 

自分の教団が社会的にどのような評価をうけているのかを。

 

 

そして、今のまま教団を続けることが他の誰かの幸せにつながっているのかを・・・

 

自分自身が救われているのか

 

自分自身が幸せなのかを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
電話カウンセリングの申込み 面談カウンセリングの申込み 担当カウンセラー