カルト カルト宗教 危険な宗教団体 宗教勧誘 カルト教団

カルト宗教メンバーへの脱会説得の手法

 

私はカウンセラーとして、多数の、カルトの罠から子どもたちを救出しようと奮闘する家族の方たちの支援をさせていただきました。

 

その中で、家族の方たちから学ばせていただいた事も数多くありました。

 

相手がマインドコントロールを駆使する集団であればそこに加入しているメンバーを救出するためには明確な戦略が必要です。

 

本稿では、カルトメンバーとして活動している大切な家族を、カルトの罠から救出するための戦略とコミュニケーションを結んでいくための手法をお伝えしていきます。

 

なお、カルト問題については、カウンセラーに相談を続けながら対応していくことを強くお薦めいたします。

 

ご家族だけでの対応で対応しようとするとどうしても不安が募ってきてしまったり、対応法に煮詰まってしまったりしがちです。こうした点を踏まえつつ、下からの解説記事をご覧になってください。

 

家族からの反対は想定内

 

社会的に問題を起こしている団体にメンバーとして加入しているのであれば、家族としてこれを諫め、団体から距離をおくように説得するのは当然のことだと思います。

 

家族として、「大切な人がカルトで活動することに反対する」のは正当なことです。

 

ところが説得をしようとしても、カルトメンバーはこちらの話をききません。
議論は平行線をたどったまま進展しないのが常ですし、時には激しい口論になってしまいます。

 

 

元信者の証言〜家族の反対に対して 

 

キリスト教系教団A

教団の問題点や教義の間違いを指摘されても、教団の中でそういう批判に対する反論を事前に学んでいたので、そういう知識にもとづいて解釈するので自分の頭では考えないんですよね」

 

キリスト教系教団B

話し合いを提案されても、神さまの試練だと思って燃えていました。教団についての指摘については全く耳に入らずシャットダウンでした。

 

上の事例のように、すでに「親御さんが反対すること」を想定し、それに対しての反論の仕方を研究していたり、教団を批判する文章は「謀略だ」というような『教えこみ』がなされているケースがほとんどであり、強硬に説得しようとすればするほど、家族間のコミュニケーションは断絶してしまうからです。

 

あなたの大切な人が、カルト教団の活動に夢中になっているのであれば、強制的に脱会を説得することは難しいと思います。

 

ただし、カルト宗教に入信してごく初期の場合は外部情報を与えることでスムーズに脱会できることがあります。

 

 

救出のための基本戦略

 

やめさせることはできない  しかしやめることはできる

 

それではどうすればいいのでしょうか?

 

どんなに洗練されたマインドコントロールの技術を用いても、人間の人格や価値観を全面的に書き換えることはできません。

 

どんなに「昔と変わってしまった」ように見えても、「家族に敵対的に見えた」としても、昔から持っていた「良心」とか「親御さんに対する愛情」などは、カルトメンバーの心の中に、失うことなく残っているのです。

 

カルト宗教メンバーに対するカウンセリングの本質とは、カルトメンバーと「親しみと信頼の関係」を作り、「コミュニケーション」を積み重ねながら、本人の心の中に眠っている「良心」とか「良識」を呼び起こすことです。

 

そのために私たちができることは、カルトメンバーにして対して少しづつ対話を続け、そして環境調整をすることです。

 

具値的には本人が自ら、カルトの問題点やメンバーとして活動を続けることのリスクを考え始めることができるように、「小さな問い」を積み上げることによって揺さぶりをかけるのです。

 

遠回りなやり方ですが「、ある程度まで本人の信仰と教団での活動を認めつつ、話し合いを続けながら段階的に説得していく方法が実際的だと思います。

 

・自分が入信して以前と変わったと思えることがあるのか?

 

・どんなことにやりがいをかんじているのか?何に魅了されているのか?

 

・活動を通じ、何を実現したいのか?

 

・活動を続けていく中で何か神秘的な体験をしたか?

 

こうした事柄をすこしづつ問いかけながら揺さぶりをかけていきます。

 

周囲の人間が本人をカルト宗教からやめさせることはできません。しかし本人がやめることはできます。

 

救出のタイミングを逃さない。

 

カルト教団からの離脱を促すには、なによりもタイミングが大切です。

 

実はカルト教団内部での活動はカルトメンバーにとっても非常に不条理で、苦しいものです。

 

彼らとて、「教団をやめたい」と思うときは必ずあります。

 

教団の活動をある程度認め、少しづつ疑問のタネを投げかけつつ、「本人がカルトをやめたい」と思いはじめるタイミングをしっかりと見計らいます。

 

元信者の証言〜やめるきっかけ

 

仏教系C教団

 

・オレは結局、家族とか友達とかを捨てきれなかった。

 

・活動や教学に疑問があって上の人にいろいろ相談しても「それは魔だ。勧誘うれば解決する」とか聞き飽きたことを言う。

 

・教団の本しか読むなって言われていて・・・だんだん勧誘が決まらなくなってきて上の人から文句を言われる。勧誘すると友達の中でうわさになるから遊ぶ相手も限定されちゃって。いいことないし、やめようと思ったんです。

 

脱会を促すタイミング」とは具体的には教団と物理的な距離を取り始めたときです。

 

・朝晩に必ず行っていたお祈りをやらなくなる

 

・いつも行っていた教団行事に行かなくなった。

 

・離れて生活していたのだが、突然実家に帰ってきた

 

以上のようなタイミングを絶対に逃してはなりません。

 

本人が教団と物理的に距離を置きはじめたところでで集中的に教団を離脱するための情報を与え、教団からの離脱をカルトメンバーに決断させます。

 

教団を離脱させるための情報とは以下のようなものです。

 

・マインドコントロールの仕組み

 

・教団の掲げる教義の間違い、矛盾点

 

・教団の起こしてきた社会的な事件

 

こうした情報を集中して与え、教団からの離脱をカルトメンバーに決断させるのです。

 

「やめるタイミング」を逃してしまうと、またモチベーションを取り戻し、活動を再開してしまうことがあるので注意してください。

 

「やめるタイミング」で集中的に情報を与えることが必要になるため、カウンセラーとの連携は必要となるのです。
教義の批判、マインドコントロールの仕組みを説明したりするのは、ご家族の力だけではむつかしいと思います。

 

カルトをやめたあと、家族としてどう支えるか?

 

「カルトをやめさえすれば、それですべてが解決するのか」といえばそんなことはありません。

 

カルトをやめたあと、まず心身の健康をとりもどし、実社会の中で自分なりの価値観をとりもどし、自分の居場所を見つけ、社会に適応していくことがやはり大切なのだと思います。

 

カルトをやめたカルトメンバーは大きな傷つきを経験します。

 

家族はカルトをやめたあと、、彼らの自立に向けて、支え続けることが大切です。

 

カルト宗教のメンバーは組織を脱会したあと、しばらくの間、心身と感情の後遺症に悩むことがあるのです。

 

「組織はやめたのだけれど、燃え尽きたようになってしまった」とか「家族や友人となじめないとか」、「自分や家族が不幸になるという恐怖感が抜けない」とか・・・・

 

このような後遺症を残したままでは、これからの人生の質を大きく損ねてしまいますよね。

 

カルト宗教のメンバーが、脱会したのちも、家族や周囲の方たちは、本人を支え、励まし続けなければなりません。またそれは家族の側の「希望」の押しつけになってはいけません

 

元信者の証言〜脱会後の苦しみ  

仏教系D教団

 

・出たあとはみんなと同じです。焼け野原ですよね。自分が信じてきたもの、積み上げてきたものが全部なくなってしまうわけですから。もう焼け野原にひとりたたずむ、っていう感じですよね。辛かったですね。今までの友だちとかも全部別れるわけでしょ。十数年の人生が全部白紙になるわけで、辛かったですね

 

脱会後のカルト宗教のメンバーが心身ともに落ち着きをみせ、家族や社会との折り合いをつけ、自分の居場所をみつけられることができることができて、はじめて「ゴール」にたどりついたと言えるのだ、と私は思います。

 

今はなかなかそこまでイメージできないかもしれませんが、頭の片隅においておいてくだされば幸いです。

 

コミュニケーションに必要な4つのこと

 

カルトメンバーとのコミュニケーションには適度な距離感が必要です。

 

ここではメンバー適切な距離をとりながらとコミュニケーションを続けるために大切なことを紹介します。

 

その1  あたまごなしに教団を批判することをやめる。

 

組織の活動に夢中になっているメンバーの場合、頭ごなしに組織を批判したり、無理やり説得しようとしても、うまくいかない場合がほとんどです。むしろ相互のコミュニケーションは悪化し、反対する家族や友人が悪者にされてしまいます。

 

このような「負の連鎖」を断ち切り、まずはコミュニケーションの回路を改めて作り直さなければなりません。

 

そして、本人と話し合うときには、必ず礼節を守ってください。本人の人格やプライドを傷つけるような言動は厳禁です。

 

親子の間であっても、です。

 

元信者の証言

 

キリスト教系A教団

家族の良かったと思われる対応

 

・「お前は一生懸命だけれど」と自分のことは常に評価してくれた。時間的ゆとりを与えてくれ、どんな話でも忍耐強く聞いてくれたのが良かった

 

・自分が話すことについていったんは受け入れてくれたこと。家族も一緒になって勉強してくれたこと

 

家族の悪かったと思われる対応

 

・偏見と思い込みでものを言うし、自分の言うことが家族にきちんと伝わらない。自分たちのことは棚にあげて偉そうなことを言う。

 

・なんとか脱会させたいと圧力ばかりかけてきた。心を閉ざすより他はなく、長い膠着状態が続いた。時間のかかりすぎはかかわり方に問題があったからだと思う。

 

 

「大人として認めてもらっている」「大人として信頼されている」という安心感があるからこそ、本音での話し合いに近づいていくことができるのです。

 

マインドコントロールの影響下にあると、「組織にとって都合の悪い事実」から本能的に意識をそらす癖が身に付きます。

 

教義上の矛盾点を指摘したり、組織の悪い評判を話した時に、「それには何か深い理由がある」とか「このまま続けていればいつかわかる」といったふうに問題から目をそらし、その場で考えることを放棄してしまうのです。

 

これは「思考停止のテクニックと呼ばれていています。

 

その2 本人の心理について知ること

 

元信者の証言〜教団の魅力

 

仏教系C教団

 

なんか熱いっていうか、そういうのがあるんです。今までの遊びとは違う。高校生はあんまりそういうのがないんです。仲間意識があって、共通の目標である布教にまい進する。皆いい人なんですよ。自分の話も聞いてくれて。

 

仏教系D教団

 

人間って、人が知らない特別なものを知っているって気持ちがいいものじゃないですか。まわりはみな地獄行きの人生を送っているのに、自分たちは仏の慈悲に救われてね。本当の幸福に至る道を知っているんだ!みたいな高揚感があるんですよね。世の中の人はあくせく働いてるけれど、僕らは永遠に変わらない幸せを求めている。あんなのとは違うぜ!って思っていました。

 

 

当人が何をどのように信じているのか、何をカルト宗教に求めているのか、何をめざしているのかを考えていきます。

 

まず、本人が入信している教団のことを可能な限り調べます。

 

教団の教義、行動規範、組織の形態などを、教団の著作物、新聞、公式HP、ネット掲示板での情報など、できる限り調べます。

 

入信している教団についてはやはりある程度の知識がなければ、本人との話し合いは進みませんし、本人の気持ちを理解することはできません

 

その3 家庭内でのルールを作る。

 

本人の信仰活動を認めるとしても、すべて相手のいいなりになってはいけません。教団での活動にもルールを設定して守らせなくてはなりません。

 

ここでは、最低限守らなければならないことをお伝えします。

 

@対話にあたっての暴力の禁止

 

話しあいの過程での暴力は一切禁止です。また暴力行為は絶対に認めてはいけません。

 

入信者を暴力的に拉致監禁し、集中的に説得するような手法は当相談室は行いません。

 

このような手法を用いた場合、入信者は心身に重大なダメージをうけることとなり、脱会後の社会生活に困難をきたす可能性があります。

 

A教団活動に対する金銭的援助の禁止

 

毎月決まったお小遣い以外の金銭を渡してはいけません。「お金を渡してくれたらこれを機会に教団をやめる」という話にも絶対乗ってはいけません。

 

B勧誘の禁止

 

本人が信仰するのはいいけれど、他の人を教団に勧誘することは禁止してください。それでも本人は親に隠れてこっそりと勧誘しますが、親としては絶対に認めてはいけません。

 

親御さんのしらないところでこっそりと勧誘するのは止められないとしても、親御さんの知る範囲での勧誘活動は禁止してください。

 

以上の3点は絶対に守ってください。

 

その他のルールについてはそれぞれの家庭内で決めていただいて大丈夫です。

 

ルールは家族の側も守るようにしてください。本人と約束したことは必ず守ってください。

 

だからルールは親子で守れそうなことを決めてくだい。

 

そして、本人がルールを破ったときには厳しく怒ってください。

 

ルール破りを認めると、親の側がなめられてしまいます。

 

 

その4 父母の協力体制を作る

 

入信者は「夫婦の関係性」をよく観察しています。父母が二人で協力し助け合っていこうとする姿勢は入信者本人に対して良好な影響を与えます。

 

逆に「母親ばかりが熱心で父親が無関心」であったり、「父と母の間に不信感があった」りした場合、カルトからの救出は非常に困難になります。

 

元信者の証言〜家族の問題 

キリスト教系A教団

 

・教団に入る原因が家族のどこかに問題がある場合がある。「なぜ教団に惹かれるのか」、家族はどのように変わっていったらいいのか、考えてほしい。

 

キリスト教系A教団

 

・私が入信したのは父親との関係があると思います。父親は自分にも家族にもすごく厳しい人で、そのうえ自己中心的な人でした。

 

母親に対しても叱責することがあって、そういう怒鳴り声に子供心に傷ついていました。怒鳴る父がすごく嫌でした。

 

しかし一方で父親を嫌ってしまう自分を責めるというか、なぜ親を好きになれないんだろうという葛藤を感じていました。

 

だから教団の方から家系図や姓名判断についての説明を受けて、家族の中で選ばれたのが自分で、あなたが変えていかないと本当の愛を知ることはできないと言われた時にすんなりと納得しました。

 

そしてこれは自分に必要なものだと感じてすぐにのめりこんでいきました。

 

親としての意見、感性にズレがある場合は、ご夫婦で徹底的に話し合ってください、

 

・なぜ、その教団に入信していることに反対するのか?

 

・その教団の教えのどこがおかしいと思うのか

 

・脱会したあと、どうしてほしいのか?どんな生活をしてほしいのか?

 

・今不安なことはないか?

 

これらのことを徹底して話し合ってください。こうした夫婦の対話の中から、本人に対する「説得の言葉」が生まれてくるのです。

 

あなた自身は大丈夫ですか?

 

ひょっとしたら、一番傷ついているは家族の方かもしれません。

 

息子が、娘が、妻が、カルト宗教に入ってしまった・・・

 

こうした悩みと苦しみはなかなか周囲には相談しにくいものでしょうし、相談してみてもなかなか理解してくれる相談機関は少ないようです

 

一番気をつけなければならないのは、救出のために奮闘しておられる家族の方が体を壊してしまうことです。

 

説得には時間がかかります。そして、話し合いをはじめてから脱会に至るまでの時間は非常に個人差が大きく、また、「具体的にこれくらいの時間」と予測がつけることができません。

 

この「予測のつかない」という部分が非常に苦しいところなのです。

 

「疲れたな」「しんどいな」と感じることがあつたら、そんなときは少しこの問題から離れて心身を休めてください。

 

お酒や映画、ゴルフやランニング・・・

 

少しばかり問題から離れてリラックスの時間を持つことは悪いことではないですし、気兼ねすることなどありません。

 

最後に

 

繰り返しになりますが、カルトからの救出を、家族の力だけで実行しようとするのは困難です。

 

また、家族の方だけで対応しておりますと、どうしても不安になってしまったり、孤独感にとらわれてしまいがちですね。

 

心の相談室 りんどうでは、大切な人がカルト集団に入信してしまい、接し方に迷ったり、対応に困っている方への相談活動を行っております。

 

よろしければご利用ください。

 

心の相談室 りんどう室長 馬場健一

 

プロフィール

 

 

電話相談の申し込みは下のボタンをクリックしてください。

 

カルト,カルト宗教,危険な宗教団体,宗教勧誘,カルト教団

 

面談カウンセリングの申し込みは下のボタンをクリックしてください。

 

カルト,カルト宗教,危険な宗教団体,宗教勧誘,カルト教団

 

参考ページ

 

マインドコントロールについて

 

 

カルト脱会への5つの階段

 

 

カルト宗教からの脱会の方法〜脱会届の見本

 

 

カルト宗教脱会後の心身の不調と回復について

 

 

*「元信者の証言」は下記の文献より引用させていただきました。

 

「カルトからの回復」 櫻井義秀編  北海道大学出版会

 

 

「自立への苦闘」 全国統一教会被害者家族の会 編 教文館


 
電話相談 面談カウンセリング